VIO脱毛コラム♪

VIO脱毛する前によくある疑問・不安

VIOという言葉の意味ですが、これはデリケートゾーンの部位を表すアルファベットです。ビキニラインがV、陰部周囲がI、肛門周囲がOと呼ばれています。エステサロンなどでデリケートゾーンの脱毛をする際にはどこの範囲までやってくれるのか注意しなければなりません。


このVIOは自己処理するのがかなり難しい箇所です。ビキニラインまでは自分で見える人がほとんどかもしれませんが、IやOなどは身体が柔らかい人でないとなかなか見えないことでしょう。また、デリケートな箇所ですから傷つきやすいので自力ではやらないほうがよいでしょう。


VIO脱毛はプロに任せよう


とにかく自己処理は危険が伴いますから出来る限りプロにやってもらうようにしましょう。ブラジリアンワックスなどの方法もありますが、これは脱毛ではないので何度も通わなければならず、面倒なので脱毛してもらうのが良いでしょう。エステサロンでもクリニックでも、好きなほうを選べば良いです。


ただ、どうしてもデリケートゾーンを他人に見られるのは恥ずかしい...。と思う人はいるでしょう。やっぱり抵抗はありますよね。しかし、施術するほうは何人ものデリケートゾーンを見ていますからなんてことはありません。気にしなくて大丈夫です。


脱毛の前にしっかり相談しよう


VIO脱毛をする際に不安な事があればどんどん相談するようにしましょう。どうしても恥ずかしいなど相談すれば、ある程度は対処してくれるかもしれません。大抵の場合は紙パンツを履きますから陰部が出来る限り見えないようにしてくれるのでそんなに恥ずかしくないはずです。


また、デリケートゾーンなので痛みに対する不安はありますよね。特に痛みを感じやすい人だと怖くて仕方ないと思います。クリニックであれば麻酔の処理をしてくれることでしょうし、サロンでも痛くないと感じる出力で施術してくれますから、しっかり意思を伝えるようにして下さい。


脱毛の痛みはどれぐらいなのか?


脱毛の方法として、クリニックはレーザー脱毛、エステサロンはフラッシュ脱毛が普通です。その痛みというのは輪ゴムを弾いたぐらいと表現されることが多いですが、どれぐらいの力加減でやるかによって変わってきますから分かりませんよねw


こればかりは個人差がありますから表現のしようがない、というのが本音です。ただ、クリニックのレーザー脱毛に比べてエステサロンのフラッシュ脱毛の方が痛くない傾向にはあります。ただ、クリニックは麻酔を使うことが出来る分痛みを和らげることができますから、結局の所どっちもどっちかもしれません。